織田信長くんの日記

織田信長くんの日記:第46回 元亀のことは嫌いでも 、足利義昭のことは嫌いにならないでください


織田信長、足利義昭、松名久秀、明智玉

7月3日 去年から元号が永禄から元亀(げんき)に変わったのだが、元亀って何なんだ。 ネーミングセンスがまるでないし、元亀になってからロクなことがない。 去年の姉川の戦いで、浅井長政と朝倉義景の二人を討ち取れなかったのも、… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第45回 イクメン!織田信長


織田信忠

3月13日 本日、京の宿所・妙覚寺で昼食を取っていた時、 「奇妙丸が能にのめり込み過ぎて困っておる。」 とわしは、梅干しのおにぎりを食べながら、明智光秀に悩みを打ち明けた。 「え、ご嫡男の信忠様が、ですか?」 と明智は高… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第44回 なめし!


織田信長

10月16日 わしは中央の権力を握る為、将軍家の血を引く足利義昭を織田の武力と財力で十五代室町将軍の座につかせた。 しかし義昭は、朝廷のお世話をサボるわ、諸国の大名に馬などねだるわ、将軍らしからぬ行動ばかりしていた。 将… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第43回 安土城の襖絵


中国の帝王と儒者&釈迦

4月28日 安土城天守閣の襖絵が、画家の狩野永徳らの筆によって完成した。 金箔の上に描かれた花鳥、山水、中国の三皇五帝、孔門十哲、釈迦説法図…。 本日、この豪華絢爛の襖絵を特別に、松永久秀、足利義昭、明智光秀の娘の玉に見… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第42回 サンタクロース・織田信長


織田信長、足利義明、明智玉、松永久秀

12月20日 わしが安土城の最上階で葡萄酒を飲んでくつろいでいる所に、明智光秀の娘・玉がやって来た。そして、 「おじちゃん、クリスマスに玉にリラ勝家ックマ、プレゼントして!」 とわしの足にまとわりついた。「パパに買っても… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第41回 情熱に負ける信長公


4月27日 安土城の最上階で、わしが松永久秀と葡萄酒を飲み交わしている時、 「信長さま、お願いでございます!」とサル(秀吉)がやって来た。 「何じゃ。」とわしは秀吉を睨みつけた。「そ、その…」「早く言えよ。」と松永が眉を… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第40回 ありがとうが言えない信長公


織田信長

12月7日 わしが安土城の最上階で昼飯を食っている時に、「おじちゃーん!」と明智光秀の娘の玉がやって来た。 「今月、デイズがお陰さまで五周年を迎えたんだって。」「だから。」「これを今読んでくれている彼氏彼女に向かって、あ… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第39回 信長公、まさかの興奮希望!


織田信長

10月21日 わしが本願寺攻めに苦戦している中、こともあろうに味方の荒木村重がわしを裏切りよった。しかも村重を説得しに行った秀吉配下の黒田官兵衛が、村重の城に閉じ込められよった。 織田家中一同、官兵衛を心配している中、末… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第38回 信長公、まさかの天然ボケ


織田信長

6月24日 安土城に遊びに来た徳川家康殿と、わしが葡萄酒を飲みながら談話を楽しんでいたら、松永久秀がやって来た。 「よッ!徳川殿、初めまして!自分ちだと思ってゆっくりしてきな!」と松永は徳川殿の肩を叩いた。「すみません、… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第37回 ごちそうさま!


織田信長

5月23日 今日も明智光秀の娘の玉が、また性懲りもなく安土城に遊びにやって来た。 「おじちゃん。濃姫さまとお市さまと玉、この三人で一番美人なのは誰だと思う?」と玉は真剣な顔でわしに聞いてきた。「お濃。」とわしは真剣に答え… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第36回 安土城大広場


織田信長

2月28日 わしは、安土城の大手門南に、大規模な広場を造った。ここでわしは、天皇を出迎える儀式を行い、自らの権威を誇示することを目論んだ。 「そんな儀式だけじゃ退屈じゃない?そうだ、おじちゃん!この広場で歌って踊ってみせ… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第35回 華の軍事パレード!


織田信長

12月10日 戦国エンターテイナーであるわしは本日、織田軍の騎馬を率いて、軍事パレードを京で行った。 華麗な衣装を身にまとったわしの後に、一番・丹羽長秀隊、二番・蜂屋頼隆隊、三番・明智光秀隊、四番・村井貞成隊、馬廻・小姓… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第34回 不毛な恋の手助け


織田信長

10月4日 織田家重臣会議に松永久秀が自分も呼べ呼べうるさいので、今回はわしから直々に松永も忘れずに呼んでやった。 そして会議当日の今日、いきなり松永から矢文が届いた。 「前から気になっていた女と急にデートとすることにな… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第33回 信長公まさかの官位辞任


織田信長

8月9日 わしは数年前に、朝廷から将軍並みの官位である、右大臣兼右大将を賜った。 だから何!? というわけで、わしは今日、右大臣兼右大将を辞すことを、織田家中の前で宣言した。するといきなり、 ザザザザーーーーッ!!! と… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第32回 禁裏の修理


織田信長

6月18日 京にある朝廷の住居は禁裏(きんり)と呼ぶ。その禁裏は今、ただのボロ屋になっている。朝廷が禁裏の修理もできない程のビンボー人だからだ。 朝廷は禁裏を修理しろと、神より偉いわしに命じてきた。朝廷のその度胸、厚かま… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第31回 明智玉、現る


織田信長

4月13日 わしは今日、安土城の庭で、堺で作らせた最新式の鉄砲を、的に向かってぶっ放していた。まずまずの威力に満足していた時、 「いつもブチ切れてる、おじちゃんこんにちはー!」とひとりのわらべがやって来た。 「なんと!明… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第30回 戦国ベルマーク


織田信長

4月4日 使えない家臣どもとわしが花見をしていたら、上杉謙信から越後より献上の品が届いた。箱を開けたら、戦国ベルマークが一枚だけ入っていた。 うーえーすーぎー謙信ッ! ヒトにここまで馬鹿にされたのは久しぶりじゃ!「高価な… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第29回 南蛮菓子の説明文


織田信長

1月8日 明日は隣国にまた出陣じゃ。そこで今日は、わしを含め重臣一同、南蛮人パティシエが作った、ビスケットを屋敷で食べることになった。景気づけに。 わしがビスケットを食べようとしたら、わしの隣りにいた宣教師のルイス・フロ… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第28回 運命の出逢い


織田信長

12月18日 このヒトに出逢わなければ、今の私はなかった。 とか言っている人間は貴様か! まあよい。貴様ら誰もがうらやむ師弟関係ということにしておこう。わしの場合、こいつにさえ出逢わなければもっと人生楽しかったのにという… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第27回 関東管領をくれてやる


織田信長

11月19日 上杉謙信、あいつは、関東管領(かんれい)という肩書きを、古臭い家からもらって喜んでいるつまらん武将だ。 もし貴様が、学歴の低さに悩んでいるのなら、もし貴様が、今までの経歴に悩んでいるのなら、わしが上杉を倒し… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第26回 甲鉄軍艦クルージング


織田信長

9月14日 今日は中秋の名月じゃ。それはさておき、わしが大金を出して、九鬼嘉隆(よしたか)に造らせた、世界初の甲鉄の軍艦が、織田家にはある。今月からクルージングのサービスを始めた。貴様も500円払えば、乗せてやる。 この… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第25回 親の愛は有り難い


織田信長

8月30日 あ?夏休みの宿題が終わってない?!貴様は関東から西のガキか!北のガキはとっくの昔に二学期始まっているわ!貴様の現在の所在地を無意味に知ってしまったわしはどうすればよいのじゃ。ケッ! 去年も同じことを言った気が… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第24回 欲しい人材


織田信長

8月9日 ブログを縦書きにカスタマイズして、ブログを縦書きで書いている人間がいたらわしに知らせるように。そういう常識外れの偏屈な人間が織田家にもっと必要なのだ。   [続きを読む]

織田信長くんの日記:第23回 信長公真夏の愛の鞭


織田信長

7月20日 はー、暑い。今年の夏も暑いわー。 おい、貴様。これを読んでる貴様だ!わしが暑いと言ったら、さっさと団扇を持ってきて、わしを扇(あお)がんかい。 はー涼しいーーー。 って本当にPCの画面に向かって、PC画面をも… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第22回 エコ武将・上杉謙信


織田信長

6月8日 今日、家臣の柴田が、「サルでもハゲでも大歓迎」の織田家の求人広告をわしに持って来た。わしはこれがどうかしたか、と柴田に尋ねると、「それは今日届きました、上杉謙信の書状にございます。裏に、何やら殿へのメッセージが… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第21回 KYとマイペース


織田信長

5月7日 今日は織田家重臣会議の日である。それにしても、どいつもこいつも使えない顔ぶればかりじゃ。あれ?光秀いなくないか。 「おい、柴田、明智光秀はどうした。また鳴かないホトトギスか。」とわしは重臣の柴田に尋ねた。柴田は… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第20回 解なし


織田信長

4月23日 これを読んでいる貴様!次の中から、天才をひとり選べ。 1.レオナルド・ダヴィンチ 2.エジソン 3.石川啄木 答え:解なし。 解なし…西洋の算術、もっぱら二次不等式にはよくあることだと、わしに仕えておる南蛮人… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第19回 絵文字


織田信長

3月20日 空気読めないそこのKY!何をきょろきょろしておる、これを読んでいる貴様のことだ!わしは日記を書かないゆえ、代わりに、KYである貴様にこの絵文字→ をくれてやる。 春分である今日、冬が終わりをつげ、昼が長くなっ… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第18回 ワシントンのお父さん


織田信長

2月23日 わしは今、いくさの最中で、今夜、敵陣に夜襲をかけられるかどうか、使えない重臣どもと、闇夜の中、山の頂上付近まで、確かめに行った。敵は籠城にくたびれている様子だった。よし、今すぐ攻めるぞとわしは、使えない重臣ど… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第17回 信玄と謙信にありがとう


織田信長

1月25日 武田信玄?知ってる。川中島で5回だか100回だか、上杉謙信と戦った人間であろう。やつらは川中島で時間を浪費しつくし、その間にわしは着々と天下統一に向けて、手を打っていた。武田信玄にムカツク言われても、わしは信… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第16回 鳴かないホトトギス重体


織田信長

12月28日 よーし、わしの使えない家臣どもが集まったようだから、これから織田家重臣会議でも始めるか。あれ?光秀、いなくないか? 「おい、柴田、明智光秀が出席していないようじゃが。」とわしが尋ねたら重臣の柴田は「只今、光… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第15回 ヒューマンプレイヤー


織田信長

12月11日 今日は貴様にクリスマスプレゼントに最適な、クールなおもちゃを紹介してやる。その名もヒューマンプレイヤーじゃ。形状は四角く、手のひらサイズ、どこでも持ち運び可能である。 ヒューマンプレイヤーは、エコグラム性格… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第14回 戦国デイズ脇役紹介


黒田長政

12月1日 砂を噛むような、人生を送っているのは貴様か!この一年、なんの進歩もなかったのは貴様か!そして、戦国デイズに遊びに来てくれていたのは貴様か! そんな貴様に、戦国デイズ一周年である今日、わしがプレゼントを持ってき… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第13回 特許許可局


織田信長

10月29日 ストレスたまっている貴様!今日は特別に、わしのストレス解消法を貴様に伝授してやる。鳥綱カッコウ目カッコウ科ホトトギスを殺すのじゃ。じゃなかった、ホトトギスの鳴き声をまねるのじゃ。ではゆくぞ。 「特許許可局、… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第12回 神様に愛されている人


織田信長

9月27日 おい、そこの凡人!何をキョロキョロしておる。これを読んでいる貴様のことだ!神は天才より凡人の方が好きであるから、凡人をたくさんこの世に作ったと、南蛮人からこの前、聞いた。 貴様は神に愛されているようだから、せ… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第11回 今日から二学期


織田信長

9月1日 戦国デイズ、あいてしまったな。まさかと思うが、ここの運営者が死んだと思っていた貴様!その通りだ。いろいろあって、ある意味死んでいた。らしい。いつも死んでいるが、ここ数日は特に死んでいたようだ。でも足利義昭のしぶ… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第10回 夏の恋は短いのか?


織田信長

8月7日 夏だからって、はしゃがなきゃいけないと定義づけたのは、貴様か? 夏だからって、開放的になれ!と世間に流布したのは、貴様か? 夏の恋は短いだの、夏は恋の季節だの、馬鹿なこと言ってんのは貴様か? 新しい鉄砲の威力を… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第8回 仏の顔も三度まで


織田信長

6月20日 おい、明智光秀!貴様はいつまで5月病やってんだ。仏の顔も三度までだ!(仏の顔?!) 明日も安土城に顔を出さなかったら・・・・・どうということも、ないか。光秀のひとりやふたり、取るに足らないことだ。ハッハッハッ… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第7回 理由がわからない


織田信長

5月16日 5月病にかかった明智光秀が安土城に登城してこない。織田家ほどフレンドリーで楽な職場はないはずだが・・・。 [続きを読む]

織田信長くんの日記:第6回 異国の音楽


織田信長

4月17日 わしの家臣に、全身が色の黒い、それは黒人という人種らしいのだが、異国の者がおる。こやつが敦盛のHIPHOPバージョンを披露してくれたわい。 人生はYO!50年だYO!HEY!カモン!定年はYO!60だYO!っ… [続きを読む]

織田信長くんの日記:第5回 わしの最期


織田信長

3月29日 昨夜は何故か明智光秀にわしが撃たれてしまう夢を見た。 畳の上で死ぬより、そんな結末もなかなか面白いかもしれなかった。 [続きを読む]

織田信長くんの日記:第4回 足利義昭とデイズ


織田信長

3月2日 あれ?!足利義昭の屋敷に行くのに間違えて、戦国デイズにまたやって来てしまった。 しかし足利義昭とデイズ、どちらが退屈だろうか。どちらがどうしようもない存在だろうか。似たようなもんかのお。 [続きを読む]

織田信長くんの日記:第3回 わしの心掛け


織田信長

2月13日 テンションが上がらない日々も決して腐らない。今できることをきっちりやる。それだけを守っていれば多分、わしもそなたも天下を取れるであろう。 [続きを読む]

織田信長くんの日記:第2回 わしの古い考え


織田信長

1月19日 日記はブログでなく、日記帳に書く。ここだけはわしには珍しく、古い考えかもしれなかった。 [続きを読む]

織田信長くんの日記:第1回 時々じゃぞ。


織田信長

12月28日 「待ってました!信長さま!あなた様の日記が読みたかったんです!」とか思っていたのは貴様か。 コノヤロウ!わしの日記をタダで読もうとは、貴様はいつからそんなに偉くなったのだ! 頭が高い!今すぐ、PCの前に膝間… [続きを読む]