織田信長くんの日記:第35回 華の軍事パレード!


織田信長12月10日

戦国エンターテイナーであるわしは本日、織田軍の騎馬を率いて、軍事パレードを京で行った。

華麗な衣装を身にまとったわしの後に、一番・丹羽長秀隊、二番・蜂屋頼隆隊、三番・明智光秀隊、四番・村井貞成隊、馬廻・小姓衆、越前衆、弓衆などが続いた。

沿道にはパレードを見に、民百姓から公家まで、多くの人間で溢れかえった。そんな中、パレードの横を突っ切ろうとする腰を曲げたじーさんが現れた。

危ないので下がられよ。」と丹羽長秀がじーさんを沿道に戻そうしたので、「通してやれ。待っていてやる。」とわしは言った。すると、

ザザザザーーーッ!!!

晴天だった空から激しい雨が降ってきた。「信長公が、まさか高齢者に優しいとは!天もさぞや驚いたのでしょう。」と丹羽はじーさんの歩行を手伝い始めた。

おじちゃんは今日も最高にクールだね!」と明智光秀の娘の玉がまたひょっこり現れた。「であるか。」「玉もお馬さんに乗せてくれたらの話しだよ!」「・・・・・。」

わしは玉も乗せて、じーさんが渡り終えると馬をまた前方に進めた。止まない雨。なのに沿道からの喝采も鳴り止むことはなかった。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック