豊臣秀吉くんの日記:第32回 琉球国王尚寧と鶴松の誕生


豊臣秀吉天正一七年五月二七日

そもそも去年以降、京はいよいよ静謐のゆえ、東西一国残らずご命令になびき、天下統一の御威光は私の筆に及びません。

つきましては、あなたの無礼は、度々秀吉公に命じられ堅く申し付けるといえども、その験(あかし)がいまだありません。

天下に背く族は琉国に極まり、直ちに武船を催され、方々滅却されましょう。

琉・薩は古い約束の謂れは、まことに日が長いことで、中断に耐えられません。やがて正しき判断を遂げられれば、益々安寧されましょう。よって扇子百本と金を僅かながら先例として差し上げます。

天正一六年仲秋、那覇首里城において琉球国王尚永(しょうえい)は薩摩国当主・島津義久からの文をその手で握りつぶした。

ゴホッ、ゴホッ!

どうなさいました、王様!

三司官(琉球王国で最高官職に就く三人)の一人が尚永の背をさすった。

世子(世継ぎの皇太子)を決めねば。

王様はいまだ三〇歳の若さ。お気を強くお持ちください。

と三司官の一人が尚永をいたわった。

私には男子ができぬままであった。然しながら今、薩摩もこのようであるからには、倭王秀吉がいつ我が国に攻め入るもおかしくない。万一に備えるべきであろう。

既に世子様をお決めでこざいますね。

と三司官の一人が尚永に伺った。

我が兄弟からとも考えたが、娘婿の浦添王子としたい。文を能(よく)し、必ずや儒道をもってこの小国を守ってくれよう。

異論ございません。

直ちに天朝(明)に琉球国世子を知らせ、認めて…ゴホッ、ゴホッ!!

王様!

中山王尚寧

琉球国王 尚寧

翌年の正月、尚永が逝去。

首里城正殿にて、二六歳の世子(浦添王子)が新国王として即位し、ここに第二尚氏王統第七国王・尚寧(しょうねい)が誕生した。

そしてこの年の五月。

 

「ちゅるまつ~~ッ!!」

お茶々が、わしの子を産んでくれた。

五〇も過ぎて、子は全く諦めいた分だけ喜びも大きい。

殿に似てとてもかわいい。

皆そう、言うておる。

この子のためにも一刻も早く、周辺の小国から大唐までことごとく我が手中に――

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック