小西行長くんの日記:第64回 正義の味方


小西行長2月24日

年明け、小西軍籠る平壌城が明・李如松の大軍に攻撃された。

小西軍は首都・漢城(ソウル)まで敗走。これを追うように李如松軍も平壌から漢城に向けて南下。これにより、漢城に集結していた日本軍が危機に陥った――

李如松軍を迎撃するため、漢城の日本軍は作戦を立て、先鋒は立花宗茂・小早川隆景と決まった。小西軍は平壌の戦いでの消耗激しいこともあり、戦闘から外された。

ここは我等にお任せあれ。小西殿はゆっくり休んでくだされ。

小早川隆景はそう言ってくれた。

「漢城在住の朝鮮人は明軍に内応する恐れがあります。我が軍が朝鮮人の男子を殺しておきましょう。」

私はそう答えた。

 

私は今、家臣の内藤如安、娘婿殿の宗義智、外交僧の景轍玄蘇と漢城郊外にいる。ただ外の空気が吸いたかった。都周辺の文物を見てみたかった。漢城在住の男子殺しというのは単なる口実、出任せだった。

城外に出てみれば、朝鮮朝廷により、私と玄蘇の首には高額の懸賞金が賭けられ、町のあちらこちらに私と玄蘇の似顔絵が貼られていた。

朝鮮人に扮していたものの、朝鮮軍に見つかって、私たちは逃げさまよっていた。そして如安、義智、玄蘇らを見失った。一人、どうやって漢城に戻ればいいのか、私は途方に暮れていた。

道を聞くため、一人の娘に朝鮮語で声をかけようとした時、

朝鮮男子は皆殺しにせよ!

と後ろから声がした。振り返れば、我が軍!何で!?小西軍の一人が両班に扮した私に斬り付けてきた。私は、この男の腕を取って、腹を蹴り、刀を奪った。

小西行長と朝鮮女子

小西行長と現地のコ

「ヨギダ(こっちだ)!」

と私は、娘の手を取って路地に逃げ込んだ。小西軍をまくと、

カムサハムニダ

と娘は私に礼を言った。声が低かった。

「ナムジャ(男)!?」

と私が驚くと、娘――ではなく少年は頷いた。小西軍に見つかった男子は殺されるので、この辺の男子はみな女に化けているという。

聞かなかったことにしておこう。

正義の味方のつもり?

最低最悪。

いっそこのまま、サムライなんて辞めてもいいほど――

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック