小西行長くんの日記:第63回 指名手配


小西行長戦国30年7月3日

日本軍が集結している息苦しい首都・漢城(ソウル)を飛び出した

家臣の内藤如安、娘婿の宗義智、外交僧・景轍玄蘇(けいてつ-げんそ)らと共に行く当てもなく歩き続けた。

刀を差していないってこんなに身軽だったけ。商人をやっていた若い頃に戻ったようだ。小さな酒場を見つけると、一息ついて、再び朝鮮の風景を楽しみながら歩き始めて二日。

これ、殿と玄蘇様のことでは?

妓生に扮した如安が、道端の立て札(掲示板)の似顔絵を指差した。王命により必ずや、倭賊・小西行長、加藤清正、景轍玄蘇を見つけ捕らえよ、と首に懸賞金が懸けられていた。

え。何故私の名前が…

儒者に扮した玄蘇が驚いた。

武将より読書人が尊ばれている国柄が出ているな。

朝鮮男子に扮した宋義智(よしとし)が感慨にふけった。

「清正を早く捕えてほしいものだ。」

両班に扮した私が願うと、

流暢な朝鮮語だな。

と後ろから声をかけられた。殺気がした。

「それはどうも。」

と振り返ったと同時に私は肘で声をかけた男の胸部を付いた。

小西、玄蘇だ!

朝鮮軍数十人が直ちに押し寄せて来た。

「逃げろ!」

私たち四人は全力で逃げて、小さな空き家に入った。

小西行長

両班 小西行長

いつから付け狙われていたのでしょう?

完璧に朝鮮人に扮したつもりだったのに。

「多分、如安のせいだ。」

どういう意味ですか?!

妓生になり切った(つもりの)如安が女子のように頬をふくらませた。

私たちは思わず声を出して笑ったが、我に返って口をつぐんだ。

そういえば笑ったの、いつぶりだろう。

首に懸賞金懸けられるのもわるくないなと思った。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ