小西行長くんの日記:第57回 男


小西行長月11月22日

初めからサムライだった人間には負けなくないよ。

太閤から日本軍先鋒を仰せ付かった光栄。

今年四月、朝鮮へ侵攻。釜山から破竹の勢いで北上し、僅か半月で首都ソウル・漢城制圧。

漢城(ハンソン)の関門の上から、後続の黒田長政、島津義弘、小早川隆景らの部隊を見下ろした。

漢城の宮殿の廊下で第二隊の加藤清正と無言ですれ違った。

 

どういわけか肩書がなきゃ生きていけないよ。男は。

漢城から更に北上して、六月、平安道の平壌城も落して、先鋒隊はここに留まった。

翌月、朝鮮を救うべく明の援軍が到着し、平壌城を攻撃。

先鋒隊のメンツにかけて応戦、なんとか城を死守した。

 

涙なんて見せられないよ。男だから。

小早川は全羅道侵入に失敗し、八月に黄海道の黒田が義兵に敗れた。

平安道はまだまだ大丈夫。咸鏡道の加藤清正がくたばるまでは決して――

 

その実、女のことしか考えてないよ。男なんて。

九月、明の外交家・沈惟敬と五〇日の停戦締結を結んだ。

これが彼の罠とは知らず、明の再援を回避できたと胸をなで下ろした。

清正・長政・隆景・義弘

清正・長政・隆景・義弘

 

競争から降りることは許されないよ。男なら。

それにしても一体誰と戦っているのだろう。

明軍?朝鮮軍?味方のはずの日本軍?

競い合い続けているうちに、全員敵になっている。

 

本音なんて吐けないよ。男なんて割に合わないなんて。

明の再援を前にして、男は、男だから、男なんて、男なら、そんな呪縛から解かれてたいだなんて、今更どうかしているんだ――

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック