後藤又兵衛くんの日記:第66回 小辰(こたつ)


後藤又兵衛戦国30年10月30日

目覚めると俺は、黄海道海州(ヘジュ)の空き家にあって、筵(むしろ)の上に羽織をかけられて寝ていた。腕と足には包帯がぐるぐる巻かれてあった。

又兵衛、起きたか。

野村祐勝が戸から入って来た。三三歳、俺と同い年で、同じく黒田の将の者である。

「小辰(こたつ)…」

祐勝の通称は小辰郎で、俺は小辰と呼んでいた。

「あ、痛てててて…」

起き上がろうとしたら、激痛が走った。昨夜のことが頭に蘇った。

そのままで。

小辰から差し出された握り飯を受け取って食べた。

「お、キムチ入りだ。カムサハムニダ。(ありがとうございます)」

ケンチャナヨ。(大丈夫ですよ)

小辰と俺は笑った。

昨夜何があったか、察しはつくよ。

「……。」

俺が今日まで生きてこられたのは又兵衛のお陰だ。この戦争で、窮地を又兵衛に何度も助けられた。

「俺は何も。」

他の仲間が又兵衛のことを何と言おうが関係ない。もし又兵衛が沙也可のように朝鮮軍に投降するというのなら、俺もそれに従おうと思う。

と小辰は、俺が拾った沙也可の髪飾りを俺の手に握らせた。

野村祐勝

野村祐勝

「ゲスだな。」

上等。

小辰と俺はまた笑った。

夕暮れ、杖をついて外に出てみると、仲間たちの姿が見えた。

高麗の王は日本の犬なり!

と主君のダミアン(黒田長政)が拳を挙げて雄叫びを上げると、

高麗の王は日本の犬なり!!

と臣下たちも続いた。

私は皆と違う考えだから、ここに在って生きている意味があるとしたら?

“今日まで生きてこられたのは又兵衛のお陰だ”

沙也可とはまた別の、俺は俺の戦いを――

沙也可の髪飾りを天に向けて高く放った。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ