後藤又兵衛くんの日記:第64回 沙也可


後藤又兵衛戦国30年5月26日

太閤の命で黒田軍は、黄海道・海州(ヘジュ)に軍事拠点を構えていた。先日、黒田軍の雑兵が海州周辺で朝鮮人の男女二人を捕らえた。

女の方は背高く、えらいベッピンではないか。育ちもよさそうだ。よし、太閤様への土産としよう!男の方は体格がよく、城普請にでも使えそうだ。又兵衛、とりあえずこの二人を牢にぶち込んでおけ!

そうダミアン(黒田長政)は俺に命じた。女の目から涙が落ちた。

それから間もなく、黒田軍は海州において義兵将・李廷馣(イ・ジョンアム)の軍から攻撃を受けた。急ぎ応戦したが、陣中に大砲を撃ち込まれて、陣幕も床几も兵も吹っ飛ばされた。

その瞬間、

黒田長政覚悟!

と先日捕らえた女が、倒れた我が兵の刀を持って本営に斬り込んできた。

「日本人!?てか男!?」

と俺は女の刀を刀で受けた。強い――!カチカチ幾度となく刀と刀がぶつかり合った。

「殿、早くお逃げください!」

沙也可(さやか)!?

沙也可

沙也可

「え。」

こいつは虎兄(加藤清正)の家臣で朝鮮軍に自ら投降した岡本越後だ!

捕らえられた我が国(朝鮮)の女人を救いに参った!

今頃相方の男は、我が軍が捕らえた女人の手にかけられた縄を斬り、解放しているところだろうか――

大した女、いや男だよ。あの涙にすっかり騙された。

華やかなチョゴリを身にまとい、容赦ない刀さばき。

いつも人の命令ばかりを聞いている分だけ、自由って美しいな、と思った。このまま君に斬られて死んでもいいくらいに――

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ