加藤清正くんの日記:第41回 臨海君と順和君


加藤清正3月6日

キヨマサドノ、オカワリ!

と順和君(スンファグン)が皿を片手に叫んだ。こいつは去年、朝鮮東北・咸鏡道(ハムギョンド)に侵入した際に捕らえた朝鮮王子。

それはいいんだが育ち盛りの一三歳。恐ろしい程よく食う。

わしが治めるココ咸鏡道は日本の八丈島の如くが流刑地で、年貢を搾り取ろうにも作物がほとんど取れない。なのに、

キヨマサドノ、オカワリ!

と順和君はこの日本語だけは覚えて、容赦なく飯の催促をしてくる。わしは溜息をついて、順和君に自分のキムチ入りの握り飯を分けた。その時、

ジャジュンナッ!(イライラする)

ガッシャーン!!陶器が割れた音がした。振り返ると、臨海君(イムヘグン)が日本軍が盗んだ朝鮮の壺を割った。臨海君は順和君の兄で年は二一。

こいつは長男の自分を差し置いて、国王が弟の光海君(クァンヘクン)一八歳を世継ぎと定めたことに苛立っていた。国王がこいつを選ばなかった理由がわかる気がする。

臨海君を斬り殺したいところだが一応王子なのでそれもできず、わしは涙をこらえて散らばった壺の欠片を拾い集めた。その時、

殿、咸鏡道北部に義兵が起こり、鏡城(キョンソン)が落されました!

と報を受けた。

「鍋島殿は何をしてる!」

臨海君と順和君

臨海君と順和君

とわしは大声を上げた。

鍋島本陣が置かれた咸興(ハムフン)でも義兵が起こり、懸命に迎撃しておられます。殿、直ちに鍋島陣営に援軍を!

直ちにそうしたいところだが…

キヨマサドノ、オカワリ!

ジャジュンナッ!

ガッシャーン!!

こいつらどうすんだよッ!!

朝鮮二王子が足かせになって下手に兵を動かせないとか嘘だろ…

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック