第二部 侍韓流ドラマ

戦国デイズ – 武将たちの日記

豊臣秀吉くんの日記:第70回 すれ違う侍たち


豊臣秀吉天正一八年一二月一八日

大森(福島県福島市)の陣所で浅野長吉は、利休からの密書を手にした。

葛西・大崎一揆の捌(さば)き片付かなければ、帰るに帰れないあなた様にこのような文を書かねばならぬこと、お許しください。

秀長様の病、急変し、神仏に祈るのみ。

これまさに石田(三成)が、秀長様の周りを一掃するまたとない好機。最も恐れるは、相国寺の西笑承兌。かの者すこぶる書に通じ、これを以て秀吉公が目論む、唐入りの助けとなっています。

石田は敵を誤り、秀長様万一のことあらば京から、まず私か、奉行筆頭のあなた様を除こうとしましょう。

これに抗うにも、必ず蒲生氏郷殿を救うべき。

葛西・大崎一揆を巡り、伊達政宗殿を悪しざまに言われる氏郷殿の御立場は、京では良好といえず、秀吉公の腹立ちを受けています。

そもそも氏郷殿がなぜ、名生(みょう)城(宮城県古川市大崎)に籠城しておられるかといえば、政宗は一揆と同心して、わが身不安定のゆえ。しかし政宗殿により一揆が鎮圧され、氏郷殿の疑念も少しは晴れたでしょう。

今こそ、氏郷殿を名生城から引き出すべき。政宗殿の指南役でもある、あなた様に越度(おちど:あやまち)あらば、石田がこれを見逃さないでしょう。

斯様(かよう)なあなた様を、誰よりも秀長様が案じております。

『私以上に兄者(あにじゃ)を思い、忠義者にして、控えめすぎる長吉が心配だ。』

 

浅野長政と伊達政宗__大森(福島市)にて

浅野長政と伊達政宗

どうしたんだべ。

長吉の陣所に、伊達政宗が現れた。

失敬。

思わず流れた涙をぬぐい、長吉は文を懐にしまった。

話ってなんだべ。

和久宗是(そうぜ)を通じて、どこまで知っていますか。

わく……誰だべ。

氏郷殿の動向は全てあなたに筒抜けなのでしょ?

なんことだべ。

ご存じかもしれませぬが、氏郷殿ではなく政宗殿に肩入れしていた私の、京での立場が危うくなっているのです。

それは初耳、だどもおらには関係ねがす。

長吉と政宗の間に緊張が走った。

«

ランダムデイズ