豊臣秀吉くんの日記:第42回 柳成龍 登場


豊臣秀吉天正一七年一一月一日

今、この時。

わしが漢城(ソウル)東平館に留め置かれている宗義智が、こんなふうに考えないと考えるだろうか。

 

たかが日本に通信使を派遣するだけのこと。

それだけのことを、この国の朝廷はかれこれ四ヶ月も論議している。

毋欲速(すみやかならんと ほっすることなかれ)

時然後言(ときにして しかるのちにいう)

わかってる。

わかってるんだけど、私にしたってこれ以上、内に自らを省みるゆとりはない。

二年前の、最初の通信使要請に対しては、橘康広が日本の使者として来朝。

しかし通信使来日叶わず、関白(秀吉)に斬られた。

この度は私の首だけでは済まないだろう。

後ろには小西軍と加藤軍が控えている。

通信使を来日させることで全てが変わるとは思わない。

だけど関白の朝鮮侵攻を遅らせることはできる。

その間に朝鮮は、半島の海岸をはじめとする、国の防備を固めることができる。

柳成龍

柳成龍

朝鮮を失っては数百年、朝鮮と日本の仲介貿易で暮らしていた対馬も生きていけない。

もうこれ以上は待てない。

私ではない。関白が。

それで後悔しないほどに論は尽くされたはずだ。

 

――なんてことを義智が考える、考えない。

想いが通じる、通じない。

柳成龍は朝に講い、ついに通信を決めた。

高麗王(宣祖)が使わすべき者を選ぶことを命じる。

大臣は、地方官僉使・黄允吉(ファン・ユンギル)、成均館司成金誠一(キム・ソンイル)をもって上副使となし、典籍・許筬(ホソン)を書状官と成した――

« »

ランダムデイズ