毛利秀元くんの日記:第9回 最終兵器彼氏


毛利秀元戦国28年10月25日

日本軍は今年、朝鮮へ再出兵し、慶尚道・黄石山城と全羅道・南原城を陥落させた。これを祝うため全羅道・全州(チョンジュ)で宴が開かれた。

その夜、僕は本国の輝元公からの文で二人の父の死を知った。

僕は一人、全州の宮殿の外を出て、夜空を眺めていた。そのとき突然、

義兵だ!

という日本兵の叫び声が聴こえた。僕には二人の父の死を悼んでいる暇もないらしい。

敵数人は僕を無視して宮殿の方へ、一人は僕に斬り込んできたので、僕はすぐさま刀を抜いて応戦した。精鋭部隊だろうか、かなり剣が立つ。というか日本刀!?

お飾り総帥かと思ったら、やるじゃないか。

日本語だった。

沙也可?!」

彼は文禄の役の際、自ら朝鮮軍に投降した加藤清正の元先鋒将。

また逢ったな、安芸宰相。清正はどこだ。

容赦なく攻めてくる沙也可の刀を、僕は必死でカチカチ何度も振り切った。

「貴様のような裏切り者に答える筋合いはない。」

私が裏切り者なら貴様は日本の恥だ。

 

沙也可

沙也可

渡海前。病床の伯父上(小早川隆景)は僕に言った。

秀元が聡明な青年に成長してくれて、私には思い残すことがない。秀元は毛利の最終兵器。

病床の父上(穂田元清)は僕に言った。

朝鮮に渡ったら平和の道具となって、太閤ではなく、おまえの信じる神なり仏なりにお仕えなさい。

ってどうやって?

お許しください、伯父上、父上。

毛利の最終兵器は日本の恥となって、平和の道具となった裏切り者に討たれんことを――

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック