藤堂高虎くんの日記:第24回 豊臣一族と私


藤堂高虎文禄四年七月八日

淀の方様がまたも男子を出産された?!

一昨年の冬、豊臣秀保様と私は大和郡山で、伏見に遣いに行っていた者から聞いた。

「それは確かか。」

私は訝(いぶか)しんだ。

太閤様はこの報せを名護屋で聞き、八月下旬に大坂にてお子を抱いたとのこと。

遣いの者はそう答えた。

何故か心が晴れない。秀保様はそれ以上だったかもしれない。

兄が心配です――

 

不安は今、まさに現実のものとなっている。

数刻前、伏見城で太閤より伊予国を賜った。

一刻前、城外で高野山に向かう秀次様一行に出くわした。

秀次様一行がとうに見えなくなっていることにも、雨が益々激しくなったことにも気付かず、私はその場に立ち尽くしていた。

秀次様が関白の身分を剥奪されたとあらば、その弟の秀保様の三か月前の死因は…

浅野長吉

浅野長吉

 

「何故戻って来たのです。」

振り向けば豊臣奉行筆頭の浅野長吉(長政)殿。

雨が豊臣と私の間に降り続ける。

言ったはずです。ここにあなたの居場所はないと。」

わかってる。わかってない。

だけど私には今一度、挑みたい人がいる。

それで後悔しても構わないと思えるほどに――

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック