豊臣秀吉くんの日記:第29回 それを信じるほどに単純な者たち


豊臣秀吉天正一三年七月一一日

――ある土地を囲い込み、これは俺のものだと言うことを思いつき、それを信じるほどに単純な者たちを見つけた最初の人が、市民社会の真の定礎者であった。

ジャン・ジャック・ルソー『社会契約論』第二部

 

羽柴秀吉が関白を欲していると?!

現関白・二条昭実(あきざね)公は、驚きの余りアゴが外れそうになった。

関白であることは、従昭宣公(藤原基経、平安時代前期の公卿)より今に至るまで、サルはもちろん庶民でさえ望む職ではありません!

それもそうじゃ。

わしとしたことが礼をわきまえておらなんだ。

そういうわけで、わしはおととといあたりから入京。そして近衛前久殿の養子となり、昭実公にはわしの舎弟になるよう契約を交わし、その恩として近衛家に一〇〇〇石、他の摂家に五〇〇石ずつ家領として贈った。

 

秀吉が京に入り、御所を見物云々。内大臣に成り上がり、近衛前久様の養子を取り決め云々。すなわち関白を与えるか議論となり、前代未聞のこと――!

と興福寺の学侶・多聞院英俊は天を仰いだ。

二条昭実

関白・二条昭実公

こんなにも早く、人々の耳に入るとは。畿内の人々は噂好きじゃの。然しながら関白職ごとき、そんなに騒ぐことであろうか。

 

もっと皆を驚かしてやりたい。

そういうわけでもないが、四国、九州――日本制圧も時間の問題で、その次はどうする?もしかして明国制圧。

なーんちゃって。

なーんちゃって!!

だけど、それを信じるほどに単純な者たちがいる限りにおいては――

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック