小西行長くんの日記:第48回 突然降られてやんの。


小西行長8月24日

8月7日、立秋の日。秋の始まりとは思えない炎天下のあぜ道で清正に逢った。

俺は何事もなかったように、何一つ言葉を交わさず、清正の横を通り過ぎた。

8月21日、満月の日。日が落ちて、蝉の声も静まったあぜ道で清正に逢った。

俺は何事もなかったように、何一つ言葉を交わさず、清正の横を通り過ぎた。

8月25日、本日の正午。晴天から突然のスコール。笠もなく、雨に打たれながら歩くあぜ道で清正に逢った。

俺は何事もなかったように、何一つ言葉を交わさず、清正の横を通り過ぎた。

その時、「突然降られてやんの。」と清正が俺を引き止めた。俺は振り返った。清正も笠をかぶってなく、頭のてっぺんからずぶ濡れだった。

「お互い様だろ。夏くらいどっかに行けよ、うっとうしい。」「おまえこそ帰郷でもしろよ。

加藤清正

加藤清正

帰郷ならした。

根無し草の俺は自分の孤独に帰った。そして孤独にじっと耐えて気付いた。

俺は孤独なのではない。

ただ殿下から、周りから、疎外されいるだけなのだ。

俺はそういう寂しい人間だ。

だから清正。

俺とすれ違っても声をかけなくていい。

隣りだからと言って、そんなふうに声をかけてくれなくていいんだ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック