石田三成くんの日記:第39回 薄ら竹中半兵衛


石田三成戦国24年3月15日

石田三成より竹中半兵衛の方が、温かくて人の気持ちがわかる。

石田三成より豊臣秀長の方が、頼りがいがあって安心できる。

秀吉様の軍師であった竹中半兵衛様と、秀吉様の弟君であった豊臣秀長様。最近の私は、既に亡くなられたこのお二人と比べられては、諸国の大名たちに嘆かれていた。

意味がわからないし、私なりに豊臣政権の為に精一杯やっているのに、どうしていつもこうなるのだろう。と溜息をついたら、

あははははッ!!

と私の城、佐和山城に遊びに来ていた小西行長が笑い転げた。「そこ、笑う所かな?」私は眉をひそめた。

大谷吉継

大谷吉継

余りにも三成らしくて。おまえ、器用なようで本当不器用な。ま、頑張って、薄ら竹中半兵衛。」と小西が言うと、小西の隣りで私の三献茶を静かに飲んでいた大谷吉継が

三成が薄ら竹中半兵衛なら、私は薄ら豊臣秀長になる!

といきなり口を開いた。

おまえなんか薄ら豊臣秀長でもねえ。」「どういう意味だよ。」「そういう意味だよ。

小西と大谷と私は笑った。私が薄ら竹中半兵衛なら、大谷が薄ら豊臣秀長か…。それも面白いかもしれなかった。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ