毛利秀元くんの日記:第6回 全州の宴


毛利秀元6月28日

慶長の役が始まって二か月余り。

僕を総帥とする右軍の先鋒将・加藤清正は、慶尚道・黄石山城を陥落させ、ほぼ同じ頃、宇喜多秀家殿を総帥とする左軍は南原城を陥落させた。

このあと右軍と左軍は、全羅道・全州(チョンジュ)にて軍議を開いた。

お久しぶりです、安芸宰相殿。

と宇喜多殿は僕に挨拶をして、

軍議の前に日本軍勝利の宴といきましょう。

と僕を自分の隣りに座らせようとした。他の日本の諸将らは既に妓生まで侍らせていて、真ん中には色鮮やかな朝鮮料理が並べられていた。

「とてもそんな気分になれませんが。」

わかります。右軍と左軍はライバル。しかも両軍の快進撃は、今のところ五分五分ですから。

「その差は何で決まるのですか?朝鮮の老若男女から削いだ鼻の数ですか?」

・・・・・・・・。

場は凍り付いた。

この戦争に加わるには宰相様は若過ぎました。

と左軍の小西行長が同情した。

「私は(数えで)19歳の若輩ですが、良心を汚染して劣悪になるのが大人ですか?」

と私が更に反発すると、

加藤清正・黒田長政・小西行長・宇喜多秀家

全州にて記念撮影までする大人たち。

かぁわぁイイッ!!

と右軍の黒田長政が叫んだ。

右軍先鋒将としてこれからも、とってもピュアなうさ太を全力でお守りしまーす!

と清正が酒を仰いだ。

「上官に向かってうさ太とは何だ!」

と私は刀を清正に突き付けた。

何この逸材!」「斬ってしまえ、斬ってしまえ!

「やかましいわッ!!」

と僕が所構わず刀を振り回すと、場はどっと盛り上がってしまった。

腐った大人たちに対抗するには、僕はまだまだ未熟だった。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック