毛利秀元くんの日記:第3回 さよなら、秀秋ちゃん


毛利秀元3月17日

太閤秀吉様の命で朝鮮再出兵となり、釜山(プサン)日本本営には一四万の日本軍が着陣。

総大将の小早川秀秋殿は釜山に留めて、宇喜多秀家殿を総帥とする左軍は穀倉地帯の南部・全羅道へ。僕・秀元を総帥とする右軍は、都・ソウルを目指して北上することとなった。

釜山から離れる前日。厩(うまや)で自分の馬を洗っていた僕の所に、

行かないで、秀元くん!!

と秀秋殿が駆け寄ってきた。

「秀秋ちゃん!!」

僕は秀秋殿を抱きしめた。

秀秋殿は伯父上(小早川隆景)の養子で、僕より三つ下の(数えで)16歳。血は繋がってないけれど僕のかわいい親戚だ。

秀元くんと一緒にいられるのなら、と思って渡海したのに。やっぱり戦争はいやだよ、怖いよお。

僕は懐から兎のぬいぐるみを取り出した。

「これは僕が三歳の誕生日に父上からもらった”うさ太”。今でも毎晩一緒に寝てるんだ。」

と僕は顔を赤らめて、うさ太を秀秋殿に渡した。

そんな大事なうさ太を僕に?

「大事だから秀秋ちゃんに預かってもらいたいんだ。たぶん、ソウルへの道のりは想像以上に危険なはずだから…」

秀元くん…

「僕は卯年なんだけど、寂しくなったら、うさ太を僕だと思って元気を出すんだ。いいね?」

うっ、うん!

小早川秀秋

小早川秀秋

と秀秋ちゃんはうさ太を自分の胸に押し当て、涙をぬぐった。

 

その夜、出陣前の右軍の宴があったのだけど、僕は一人、片隅で右軍の進路を最終確認していた。そこに、

う~さ太!

と加藤清正殿がやって来て、

飲まない?

と既に出来上がっている黒田長政殿と共に僕に酒を勧めてきた。

こいつら秀秋ちゃんと僕との会話を聴いていやがった!

「結構ですッ!!」

右軍総帥の僕は早速、先が思いやられるのであった。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック