伊達政宗くんの日記:第62回 再びの遅参


伊達政宗戦国28年11月29日

おばんでがす~。

鶏と卵ではねえけど、災害によって天下に道さなぐなるのか、天下に道さねえがら災害さ引き起こされるのか。朝鮮との停戦状態の中、文禄五年に京・伏見に大地震さ起こっだ。

おらはこの時、伏見の伊達屋敷にいだ。伏見城に居る太閤(秀吉)はケンチャナ(大丈夫)だべか。再出兵はこりごりだから死でくれて構わないが、生きていたらまたとない機会。

伊達屋敷の倒壊で血を流し倒れている家臣たちを、

「邪魔だべ!」

と飛び越え、

殿!どこに行かれるのです!?

と救急にあたるカズン(伊達成美)の声を無視しで、おらは伏見城さ急いだ。誰よりも早ぐ太閤のお側さ駆け付け、小田原の戦いで遅参しでしまっだ失敗を取り返すのだ!

伏見城に行き着くと、この世の終わりか。目も当てられぬほど城は崩れ落ちていだ。

「殿下!殿下!」

と城内を必死に探し回り、一人派手な衣を羽織った老人を発見した。かと思った瞬間、

親父殿!!

と一人の髭のむさ苦しい侍が現れ、太閤の手を取った。

豊臣秀吉

死なない豊臣秀吉

よかった、ご無事で。

「加藤清正――ッ!」

政宗殿?!何故ここに。

清正はおらを見て驚いた。

この権力の犬がッ!!

 

それはお互い様じゃ…

とカズンは、崩れ落ちた伊達屋敷にけえって(帰って)来たおらに絶句しだ。

再びの遅参。一足遅がっだ。

前後の日記

«

関連トピック

ランダムデイズ