豊臣秀吉くんの日記:第50回 小田原天命


豊臣秀吉天正一八年四月一一日

これが小田原天明…

北条征伐の秀吉軍につき従った千利休。

小田原城下では、包囲する秀吉軍相手に、商人や遊女などがやって来て、見世物小屋や遊び場所なども限りなくできた。ここで利休は、ついに噂に聴いていた小田原の茶釜を見つける。

おたふくの面のようなふくよかさを持つ、その珍器を手に確信した。

山上宗司なる者をご存知ですか。

利休が尋ねると、肆(みせ)の者は答えた。

もちろん、ここに籠る城主の茶頭ですから。

やはり。いつから。

三年前くらいでしょうか。

今、城内に居るのですか。

壮大な郭の外から利休は、小田原城を下から見上げた。

さあ…。

山上宗司なら先日、小田原城から皆川広照と共に投降しましたよ。

肆に並べてある茶釜を眺めていた客が、横から言った。

ところであなた様は、京の方ですか。

利休居士。

護衛の侍が、後ろから声を発した。

利休居士!?

宗司が危ない――!箱根本陣へ戻るぞ。

 

千利休

千利休

皆川広照の投降に、山上宗司も付き従ったようです。

小田原城内。当主・北条氏直二九歳は、父・氏政五三歳にそう告げた。

下野皆川城主の広照は、元来我等と敵対関係にあって、和睦したのが五年前。皆川が我等に尽くさねばならぬ義理はないが、茶人で自由の身である瓢庵(ひょうあん:宗司)殿はどうして…

思った以上に氏政は落胆した。

もとより宗司は広照に属していました。投降前、これまでの感謝の意を込めて、師の利休居士の茶を記した『山上宗司記』を広照に送ったそうです。

それで瓢庵殿の命はどうなった。

謂へらく――

 

謂へらく――次に陥落する北条の支城はどこだろうか。

あるいは北条の次の裏切り者は――

箱根に呼び寄せた茶々。

そのふくよかな膝の上で、わしは次の朗報を楽しみに待っていた――

« »

ランダムデイズ