福島正則くんの日記:第49回 おふくろ様の白髪抜き


福島正則戦国26年10月2日

ウォー!

今日わしは、黒田長政殿と共に大坂城でおふくろ様(北政所)の白髪を抜いていたぞ!

痛ッ!吉兵衛、もっと優しく抜かんかい!!

とおふくろ様は長政殿に言い付けた。

申し訳ございませぬ!」と長政殿は慌てた。

「長政殿は繊細さに欠けてる所があるからのお。」とわしが苦笑いし、抜いた白髪をおふくろ様に渡すと、

市(いち)ッ!誰が黒い髪まで抜けと言った!

とおふくろ様は、白髪に混じった黒い髪1本を見てギョッとした。

「申し訳ありませぬ!!」「福島殿は何事も大雑把だからのお。」と今度は長政殿が笑い始めた。

笑い事ではないわ!」とおふくろ様はいきなり長政殿とわしの手を取って、

今更じゃが何故わらわは、こんな槍働きばかりの、いかつい手をしたこの二人に白髪抜きを頼んでしまったのじゃろう。そもそもが間違えておるわ、ダハハハ!

と大きな声で笑った。

そんなおっちょこちょいなおふくろ様がオバサンになってもわしは大好きダー!そんな感じで、

明日も熱くいくぜ、ウォーーッ!!

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ