加藤清正くんの日記:第48回 永遠の被害者


加藤清正戦国30年11月24日

悪いのはいつも他人。わしはいつも被害者。

例えば、明・李如松に城を落とされた小西行長。

同胞の勘違いが、わしの進みを止める。

悪いのはいつも他人。だから己を省みたことがない。

例えば、義兵将・郭再祐に迎撃された小早川隆景。

同胞の雑魚が、わしの勢いをくじく。

悪いのはいつも他人。学より筋肉。事に臨みて懼(おそ)れを知らず。

例えば、水軍将・李舜臣に敗れた藤堂高虎。

同胞の過ちが、わしを追い詰める。

 

好き勝手する時は、「誰にも迷惑かけてないんだからいいでしょ?」

志などなくても、酒と遊興があれば満たされる。

日々に安らぎ、人から避難されなければそれでいい。

 

加藤清正

加藤清正

そうだ、悪いのはいつも他人。人を傷つけたことなどない。

ソウルに集結した日本軍がソウル近郊の幸州(ヘンジュ)で権慄(クォン・ユル)率いる朝鮮軍に大敗した。これでいまだ咸鏡道に踏ん張る清正軍も、撤退を余儀なくされるだろう。

わしはカンペキで、何も間違っていなかった。

悪いのはいつも他人。

永遠の被害者。

臨海君と順和君は笑いが止まらないだろうか?

問いかけようにも、いまだ朝鮮語がわからなかった。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ