加藤清正くんの日記:第40回 年末年始は蔚山倭城の戦い


加藤清正戦国28年12月27日

年末年始は蔚山倭城の戦い。

刺激が欲しいのなら、明・朝鮮連合軍六万に包囲されるもよかろう。

これに対する城内の日本軍わし以下二千。

飢えと寒さと恐怖に耐えきれないくて、敵軍に投降する裏切者は叩き斬ってやる。

日本人たるもの心を一つにして、進めサムライ火の玉だ!

 

だけど水道まで断つことないだろう。明・朝鮮人には道徳というものがないのだろうか?

小西じゃあるまいしとんでもない連中だ。

 

包囲されて四日目の本日、敵軍の司令官である明の経略・楊鎬(ようこう)が、城を明け渡し退散すれば軍兵の命は助かると勧告してきた。何度も頭を横に振るも、城内の日本軍の疲労は限界に達した。

もはやこれまでと、城門に向かおうとした時、

清正殿、どちらへ?

と浅野幸長(よしなが)二二歳がわしを引き止めた。

なりませぬ、奴らの勧告は罠です。

「うるさい、クソガキ!喉の渇きはもとより、三六にもなるとなあ、寒さも滅茶苦茶こたえんだよっ!!」

とわしはブチ切れた。

嗚呼…

「嗚呼…って引くなッ!」

しかし日本男子たるもの日本国の御為なら、命を落としてでも最後まで戦い抜くべきだと思いませんか?

浅野幸長

浅野幸長

「思わねえよ、バカ!この手を離せ!」

離しませんッ、進めサムライ火の玉だ!!

なんて頭のイカれたゆとりなんだ…

こんな状況のなかで恐縮だが、今年一年そちには世話になった。

よいお年を!

「おまえは黙っていろ!」

わしとこのバカの分まで楽しい年末年始を過ごしてくれ。

そちにデイズで再び逢うためには、この試練を乗り越えるしかなかった。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ