藤原惺窩くんの日記:第10回 執念の待つ


藤原惺窩戦国28年12月19日

明へ渡ろうとするも疾風にあって、私はここ・鬼界ヶ島(きかいがしま)に流れ着いた。

この島で生活すること一か月。この島には、言葉のほとんど通じない島民が数人、穀物もなく、舟も通らなかった。

もう死ぬしかありません!

と船頭殿の助手の善次郎さんが、冬の冷たい海の中に足を踏み入れ、身を沈めようとした。それに気付いた船頭殿が、

善次郎!

と彼を海の中まで追いかけ、彼の腕を掴んで、浜辺に引き上げた。

「必ず舟は来ます。」

と私は善次郎さんに声をかけると、

何故わかるのですか。

と善次郎さんは体を起こして、私を睨み付けた。

「鬼界ヶ島といえば、お能で有名な俊寛(しゅんかん)が流された地。誰も知らない島でないのなら、いずれ舟が通りましょう。私たちこそ生き証人ではありませんか。」

いずれっていつですか?!

「わかりません。だけど何かを信じて待つ。信じることができなければ、何も成し遂げられないと思いませんか。」

私は先生のように強くはりません。

藤原惺窩

藤原惺窩

「強いから信じるのではありません。本当に明が好きだから、本気で儒学を極めたいから、朝鮮再出兵に向かう日本を心から救いたいから、信じて機会が訪れるのを私は待つしかないのです。」

善次郎さんの頬に流れた涙がキラリと光った。

先生、舟が来るまで皆で能の俊寛を演じてみませんか。

と船頭殿が言うと、

それはいい、私が面を作りましょう。

と明で絵を学ぶつもりだった青年が微笑んだ。

幸い善次郎さんも私も一人じゃない。

もしこの島に一人流れ着いたとしても、宇宙との信頼関係がある限り、私は決して諦めないだろう。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック