毛利秀元くんの日記:第10回 医僧・慶念、現る


毛利秀元戦国28年12月14日

日本軍が慶尚道・黄石山城と全羅道・南原城を落として、全羅道・全州で宴を開催

精鋭部隊だろうか、朝鮮軍数人がその夜、闇に紛れて全州日本陣営に侵入。

その中に降倭・沙也可がいて、僕は刀を抜いて彼の刀と相対した。

日本軍の大勢が朝鮮軍侵入に気付くと沙也可は「ままごとはここまでだ。」と刀を鞘に納め、味方の朝鮮軍と合流、奪回した朝鮮人のうち幼い子は背負って、高い塀を飛び越えて消え去った。

僕の所に駆け付けた家臣の宍戸元継が、

殿、大丈夫ですか。

と声をかけた。

「大丈夫なのものか…」

僕はその場にへたり込んでしまった。

沙也可に一度目は同情され、今回は手加減してもらった。

自由と不自由。不合理と合理。滅びと成長なき成長。

彼と僕は対照的だった。

僕は何の為に生きているのだろう。

答えが出ないまま再び夜が明ける。明ければここから首都ソウル目指して再び出撃だ。

 

一睡もできなかった僕は、全州の宮殿の片隅で一人うずくまっていた。

伯父上(小早川隆景)は僕に言った。

秀元は毛利の最終兵器。

慶念

慶念

父上(穂田元清)は僕に言った。

朝鮮に渡ったら平和の道具となって、太閤ではなく、おまえの信じる神なり仏なりにお仕えなさい。

「うるさ――いッ!!」

頭に蘇った亡き二人の父の言葉を、僕はブンブン頭を横に振ってかき消した。その時、

どうされました?

と朝日を背後に一人の僧が僕に声をかけた。僕は顔を上げて尋ねた。

「あなたは?」

それが太田一吉軍に属す医僧・慶念と僕の最初の出逢いだった。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック