豊臣秀吉くんの日記:第43回 千利休 登場


豊臣秀吉天正一七年一一月五日

知ってると思うけど。

上野(こうずけ)国(現 群馬県)沼田。

かつて信長公が、その家臣・滝川一益にこの地を与えた。

信長公が本能寺に倒れると、一益を追い出すべく、関東の覇・北条氏直は大軍をもって出陣。

一益を追い出した氏直は、上野から信濃へ進攻した。

 

当前だけど。

天正一三年、わしは関白となり、翌年には豊臣姓を授かり、関東・奥州に私闘禁止令を出した。

バカなの?

これを無視して、北条の先代・氏政、これの弟の氏照・氏邦は、上野平定と周辺への領土拡大を押しすすめた。

仕方ないね。

当年春、上野沼田の真田領についてわしは、三分の二を北条領、三分の一は真田領として安堵した。

沼田北条領を預かっていた氏邦は、その支配を家臣の猪俣邦憲(いのまた-くにのり)に命じた。

 

ご注進申し上げます。

聚楽第の一室でくつろいでいたところ、長吉(浅野長政)が現れた。

「苦しゅうない。」

許可すると、長吉は廊下より進み出た。

先月末、沼田北条領の猪俣が兵を動かし、真田領・名胡桃(なぐるみ)城へ侵攻したと、真田昌幸殿から報がございました。

長吉はその報を差し出し、わしは受け取った。

「出かしたぞ!」

真田昌幸

真田昌幸

お座り遊ばせ。

わしの側に居った利休が茶を差し出した。

わしは座して、茶をすすった。

「この度の茶は格別じゃ。」

利休は黙して頭を下げた。

「主も行くか。」

どちらへ。

「またまた~!長吉の話、聞こえなかった?」

茶を立てておりましたので。

知ってると思うけど。

「読め。」

真田の報を利休の前に放(ほう)った。

当然だけど。

小躍りして廊下に出た。

バカなの?

わしの前では皆。

仕方ないね。

« »

ランダムデイズ