李舜臣くんの日記:第21回 完璧ではなくて


李舜臣8月17日

来るべき日本軍侵攻に対し、東海岸の慶尚右水営と連携して、我が国の民や兵の被害を最小にとどめたい。

先日、私自ら慶尚右水営を訪ね、右水使・元均(ウォン・ギュン)に我が左水営との連携を持ちかけたが断られた。しかし諦めている場合ではない。

そこで元均と比較的気が合いそうな部下の鄭運(チョン・ウン)を使いにやってみたが、酔っぱらって帰ってきた。

申し訳ありません、右水使が用意していた妓生二人に散々呑まされて…

「……」

私は言葉を失った。次に部下の権俊(クォン・ジュン)を使いにやったが、顔に大きなアザを作って帰ってきた。

申し訳ありません、我が水営との連携は絶対であること、右水使に再三諭しましたが、倭を恐れすぎだ!と殴られました。

「……」

私は絶句した。

夕暮れ、左水営に左議政(副首相)・柳成龍(ユ・ソンリョン)様から文が届いた。

柳成龍

柳成龍「笑うしかないね。」

舜臣、元気でやっているか。朝廷では今、党争が激化している。

右議政(副首相)尹斗寿(ユ・ドウス)が、国王にお世継ぎのことを持ち掛けたので、対派閥の私共もそれに対抗すべく策を弄すばかり。これだから朝廷では倭の侵攻に対する防衛が全く整わない。

舜臣が日々海岸防衛に心を砕いている中、朝廷のこの惨状、まことに情けなく申し訳ない限りである。

柳様。私も似たようなものです。尹斗寿と同派閥の元均に手をこまねいてばかりです。

私と同じく柳様がしょうもないことに振り回されていて、ほっとしました。柳様も完璧ではなくて――

そう苦笑して私は、左水営の高台から遠く海を眺めた。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック