福島正則くんの日記:第42回 スーパーヒーロー


福島正則戦国24年9月3日

ウォー!

今日は、幼馴染の孫(加藤嘉明)と友達の黒田長政殿が、わしの屋敷に遊びに来てくれたぞ!そんで昼間、庭先で戦国ざるそばを三人で食っている時、

ガタガタガタガタ…

地面が揺れ始めた。「あ、地震だ。」と孫はキョロキョロ辺りを見回し、「めんつゆがこぼれる!」と長政殿がめんつゆが入っている器を押えた。

めんつゆはいいから、座布団かぶって!…って市(正則)は何やってんの?!

わしは両足を大きく広げ、腰を曲げ、揺れている地面を両手の力で抑えつけていた。

福島正則

福島正則

地震を止めているのじゃ!」「ムリムリ、絶対無理!」「…って止まった?」「あ、本当だ、やっと揺れが収まった…」と孫は胸をなで下ろした。

福島殿のお陰じゃ。ありがとう、福島殿…

市は関係ねえーよ!

と孫は絶句した。わしは関係ないのか?!

それでもわしは、避けたくとも避けられない宿命からこの国を、おまえを、守る為の悪あがきをやめたりしない。だから、

明日も熱くいくぜ、 ウォーーッ!!

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ