淀殿の日記:第34回 十炷香(じゅっちゅうこう)-其一


淀殿9月9日

わらわは本日、豊臣政権五大老である家康殿、利家殿、輝元殿、秀家殿、景勝殿を大坂城の自分の部屋に呼んだ。

十炷香(じゅっちゅうこう)という、数種の香10包をたき、その香の名を聞き当てるゲームに参加してもらう為である。

わらわは本日、伽羅(きゃら)、羅国(らこく)、真那伽(まなか)を各三包、佐曾羅(さそら)を一包、計十包用意した。

これらをわらわが打ち混ぜ、出た香の順番を五大老に聞き当ててもらう。

我らの中で全ての香を完璧に聞き当てた者が一人でもいた場合、五大老の月給を上げてくださるよう、淀の方様より太閤殿下にお願いいただけるとは、本当にごさいますか。」と輝元殿はわらわに尋ねた。

「約束しよう。」とわらわは答えた。「但し、完璧に聞き当てる者が誰一人としていなかった場合、大野治長の理想のおなごのタイプは誰か、そなたらから本人に直接聴き出してもらいたい。」

そんなことで宜しいのか!」と利家殿は目を丸くした。「そんなことではない。大事なことじゃ。」「これは面白いことになりそうですね。」と秀家殿が笑みを浮かべると、景勝殿は黙ってこくりと頷いた。十炷香(じゅっちゅうこう)道具

何を隠そうわしは、茶道以上に香道に通じておるぞ?」と家康殿はわらわを挑発してきた。望むところじゃ。

五大老の為にサルに頭を下げるなどまっぴら御免だし、五大老にはとことん、わらわのこの命懸けの恋に協力してもらう。

それでは互いのプライドを懸けて、いざ勝負!>>上杉景勝くんの日記第41回に続く

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック