加藤清正くんの日記:第46回 アイシテイマス


加藤清正戦国30年8月3日

朝鮮宰相の柳成龍が暗躍し、明に援軍を要請。明・李如松軍四万が小西行長籠る平壌城を包囲した。

明の優れた大砲に耐えられず、小西軍はソウルに向かって南下、敗走した。これにより日本軍、朝鮮東北・咸鏡道に踏ん張る我が第二軍以外は全て、持ち場を放棄してソウルに集結した。

なんとも情けないことである。小西も他の連中も皆、壮健な日本男子としての自覚がない。明・朝鮮人に敗北するなど、女、同性愛者、癩、河原者、年寄りの類と違わないではないか!

咸鏡道だけは絶対に譲れない。守り切る。我が第二軍だけで咸鏡道に義兵を興した鄭文孚(チョンムンブ)を一掃してやる。

できるわけないだろ。いい加減目を覚ませよ。

と肥後人吉の大名・相良長毎(ながつね)一九歳が溜息をついた。

イルボングン(日本軍)ザマアミロ!!

朝鮮王子・順和君(スンファグン)一四歳が握り飯をほおばった。

「以前より王子にろくでもない日本語を教えてるのは貴様かッ!」

コニシユキナガヲ、アイシテイマス。

順和君の兄・臨海君(イムヘグン)二二歳が笑みを浮かべた。

小西行長

小西行長

「相良長毎――ッ!!」

わしが刀を抜こうとした瞬間、

ただの子供の戯言です。

と鍋島直茂殿に制止された。

本当のことだろ?

と相良がマッコリを仰いだ。

わしは言葉を失った。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック