真田幸村くんの日記:第50回 秀頼後見・片桐且元


真田幸村戦国27年6月23日

豊臣秀頼様はこの度、地震で倒壊していた太閤の方広寺を再建した。

豊臣を潰したい徳川は、同寺の鐘に刻まれた文字が家康を呪って豊臣の隆盛を願っている、というイチャモンをつけて豊臣を挑発してきた。

これを受けて大坂城で本日、徳川を倒す為の作戦会議が開かれた。

浪人である盛親先生と私も許され会議に出席したのだが、「これ以上徳川の横暴を許すな!」とか「徳川を討って華々しく散るべし!」とか、場内は異常に殺気立っていた。そんな時、

黙らっしゃい!

と秀頼様後見の片桐且元殿が諸将らを一喝し、

いくさをして豊臣が負けたらどうなりますか?

と一石を投じた。

何を弱気なことを申される。

と大野治長殿が驚きを込めて言った。

例え負けたとて、いくさ場で倒れることこそ武門の誉れでありましょう。

と木村重成くんが微笑した。

冗談じゃない。避けられるべきいくさは避け、生き残る道を模索することこそ、豊家に対しての真の忠義。方々は後先考えずに、単に徳川と戦争がしたいだけであろう。

未来のない者を死んだ者という。そんな方々が徳川を倒せるだろうか?もう一度、冷静になって考えてみよ。

片桐且元

片桐且元

私は頭をガツンと殴られた気がした。

確かに私は大坂入城以来、武将としてどう討死すべきか、しか考えていなかった。だけどこれが私の本心だろうか?

会議のあと、私は盛親先生の背中に向かって、

「先生!私はできるなら、もっと生きたいです!」

と叫ぶと、先生は振り返って、

当たり前だろ!俺たちはまだ、生きているんだから。

と言って、笑顔を見せた。

且元殿の言葉が思いがけず、先生と私の基本的な感情を呼び覚ましてくれたのだった。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック