豊臣秀吉くんの日記:第44回 氏康・綱成の巨大遺産


豊臣秀吉天正一七年一一月一五日

知らないと思うけど。

今すぐ離縁せよ。

あれは私が八つの時、祖父(氏康)が父上(氏政)に、突然申し渡したのを昨日のことのように思い出します。

小田原北条五代・氏直二八歳の思い出話など。

 

ええ。あれは傑作でした。

相州玉縄城にて床に伏す、北条綱成(つなしげ)様は、見舞いに来た私・氏直に言った。

乱世の常とはいえ、殿に置かれましては幼くしてお母上と別れねばなりませんでした。この通り――

綱成様は頭を下げられた。

元々は駿河今川氏の武門であった綱成様は、乱世の常で、逃れた先である小田原で、同い年の氏康公と共に成長。三代・氏康公の右腕として、武田・上杉相手に戦場を駆け抜いた、無敗の将であった。

祖父(氏康)や父(氏政)の過ちは、何故かいつも綱成様が代わりに謝っておられる。

よく考えてみたらおかしいですね。

ええ、おかしいです。

綱成様と私は笑った。

そんなあなた様を、祖父が亡くなってからは特に、先代(氏政)は父のように、私は祖父のように慕って参りました。

私は幻庵(宗哲)様ではありません。

再び綱成様と私は笑った。

早雲公の時代から一族の柱でした幻庵様も先年病に倒れ、続けて綱成様を失えば、我等は――

人の生(い)くるや直(なほ)し。自分に正直であったら、それでいいのですよ。

 

北条氏康

北条氏康

綱成様が亡くなってから二年余り。

今や小田原城は氏康・綱成、両公の思い出のように在る――

私は、綱成様の孫にあたる玉縄六代城主・北条氏勝に言った。

え?

私と年近い氏勝は隣りで聞き返した。

 

知る由(よし)もないね。

時代遅れの巨大な遺産を引き継いだ、当主の思い出話なんか。

知らないと思うけど。

後生畏る可し(こうせいおそるべし)。

古典も儀礼も知らないいらない。

新しい力を見せてあげる。

先鋒は徳川家康でいいかしら?

«

ランダムデイズ