豊臣秀吉くんの日記:第34回 ジリジリ


豊臣秀吉天正一七年三月二八日

「昨年、高麗王に参内あるべしと命じたのに、いまだ上洛せぬ。どういうことじゃ。」

わしは扇子片手にあくびをしながら、側近の浅野長吉(長政)に尋ねた。

ははあ!申し訳ございません。

長吉は平服した。

「宗義智は高麗へ渡海し、当夏中に国王を連れてくること。少しでも滞れば、京は遠方にて、義智は小西摂津守(行長)、加藤主計頭(清正)に報せよ。」

ははあ!対馬守(義智)にしかと申し伝えます。

 

宗義智

宗義智

その十日後。

某は先に朝鮮に到り、関白秀吉様の命を諭し、国王をして来朝されよ、と伝えます。願わくは行長、清正が海を越える期を弛めてくださいませ。

と長吉は宋義智からの文をわしの前で読み上げた。

「その請を許す。」

有り難き幸せ。対馬守に代わってお礼申し上げます。

長吉は平服した。

 

はあ。何の冗談であろう。

同じことを繰り返している

何回も、何度も、何年も。

ジリジリ、イライラ。

飽きるほど、耐えらきれぬほど。

期待するのは勝手。

せいぜい真綿で首を絞められぬよう。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック