松永久秀くんの日記:第61回 日本一バカな親


松永久秀戦国23年8月9日

今日やっと男女の契りの指南書第二弾が完成した。第二弾は図解入りともあって、ヤバイ、自分で読んで自分で興奮してくるぜ。マジで鼻血出てきそう・・・と天井を見上げた時、

おとっつあん!!」と息子の久通(ひさみち)が、俺様の部屋の襖(ふすま)をバーンと開け、「お盆休み、どこかに連れて行ってよ!」と叫んだ。

「普通のガキみたいなこと言ってんじゃねーよ!」と俺様は男女の契りの指南書第二弾を、サッと机の下に隠した。

「だいたいおまえ、夏休みの戦国宿題、全然やってねえだろ。宿題片したら何処へでも連れて行ってやるよ。」

何それ。おとっつあんだって、普通のお父さんみたいなこと言って!」「仕方ないだろ。おまえには朝倉義景みたいになってほしくないんだよッ!」

とブチ切れた瞬間、こらえていた鼻血が俺様の鼻の穴から思いっ切り飛び出た。

どうしたの、おとっつあん、大丈夫?!朝倉義景殿の陰口を言ったからバチが当たったんだよ!だいたい義景殿、宿題はちゃんとやっていそうだし。

「そうだな、久通。義景は宿題はちゃんとやってそうだよな。」と俺様は戦国ティシュを鼻の穴に詰めた。こんな純粋無垢な久通に、死んでも自分の本に自分で興奮して鼻血が出ましたとか、言えるわけないよな。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック