松永久秀くんの日記:第66回 サヨナラ夏の恋


松永久秀8月25日

俺様は今日、最近出来た彼女と戦国サマソニに行くのだが、何を着て行こうか。うれしいけど、こういうのすごい久しぶりで、かなり緊張する…と自分の部屋で呼吸を整えていた時、

おとっつあん…

と息子の久通(ひさみち)が、襖の陰から顔をのぞかせた。

「どうした、久通、腹でも壊したのか。」「どうしよう、夏休みの宿題、全然やってなくて、全然終わらないよお!」と泣き出した。

「おまえは毎年同じこと言ってんじゃねえよ!」「ご、ごめんなさい、ううっ!」「何が終わってないんだ!」「冬瓜(とうがん)の観察日記…

松永久通

松永久通

「それなら俺様に任せておけ!久通が冬瓜の水やりを忘れている日も、俺様が水をやっていたから、ここ1、2カ月の記憶を呼び覚まして俺様が書いてやる!あとは!」

読書感想文なんだけど、『注文の少ない料理店』と『ホームレス浪人生』、どれで書いたらいいかな?」「賞が取りたいのなら、『蹴らないで!背中』にしとけ!」

うん、わかった。僕、賞を取りたいから『蹴らないで!背中』にしとく!

俺様は、最近出来た彼女に「戦国サマソニには行けなくなった」と急ぎ矢文を出し、久通の夏休みの宿題を全力で手伝った。

こうして俺様の夏の恋は、今年も砕け散った。バカ息子持つとホント、大変だよな。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック