織田信長くんの日記:第45回 イクメン!織田信長


織田信長3月13日

本日、京の宿所・妙覚寺で昼食を取っていた時、

「奇妙丸が能にのめり込み過ぎて困っておる。」

とわしは、梅干しのおにぎりを食べながら、明智光秀に悩みを打ち明けた。

え、ご嫡男の信忠様が、ですか?

と明智は高菜のおにぎりを食べながら言った。

「さよう。わしがいくら注意しても聞かぬ。」

とわしがため息をついた時、背後から

パパあ~!

と声がした。振り返ると、明智の娘・玉が松永久秀の肩に乗ってやって来た。

玉!

あしたね、松永のおぢちゃんの多聞城で信忠くんの能公演やるから、パパもいつもブチ切れてるおぢちゃんも見に来て!

ハイ、特等席のチケット、一枚13,000円。

と松永はチケット2枚差し出した。

「まーつーなーがーひさひでえええッ!!」

織田信忠

織田信忠

わしは刀を抜いた。

「貴様はひとんちの息子で商売かッ!」

悪いか。」「悪いわ!」

信忠くん、お能がとっても上手なんだよ。

で、俺様は感動して、多聞城にとっておきの能舞台を作った。いつまでも親のいうこと聞いている男もどうかと思うし、いくさ一辺倒なのも味気ないだろ。

殿、とりあえず、信忠様の舞台を観賞されては?

「奇妙の舞が、わしの幸若舞より劣るようなことがあらば、その場で貴様の命はないと思え。」

わしは松永に刀を向けた。

望む所よ。」「明智。明日、忘れずにわしを迎えに来い。」と明智のも含めてわしは松永にチケット代を渡した。

有難くも光栄に存じます。」「そうこなくっちゃ!」「そうこなくっちゃ!!

親のいうことを聞かなくなるわ、いくさ一辺倒でもないわ、奇妙は一体誰に似たのか。わしは苦笑した。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック