毛利秀元くんの日記:第17回 最悪の出逢い


毛利秀元7月20日

僕は最近、馬小屋で寝ている。

釜山日本本営の僕の部屋には朝鮮の女の子がいるからだ。どうしてこんなことになってしまったんだろう。本当に信じられない、いい加減にしてほしい。

それにしても彼女をこの釜山日本本営から解放するにはどうすればいいのだろう。日本軍総帥として僕一人、いい人たらんとすることが許されないこと。然しながら一人のサムライとして、一人の両班女子を救いたい。これが正直な気持ちだった。

君の家族は健在だろうか。日本軍に殺されたり、君のように囚われていないだろうか。

君の家は大丈夫だろうか。日本軍に燃やされたり、金目のものは盗まていないだろうか。

最悪の出逢い。

君が僕を好きになることは、太陽が西から出でて、夜空から星が無数に落ちてくるようなことがあっても、絶対ない。

両班の女の子

いたずら好きな両班女子in秀元の部屋

僕は、好きになってくれない人を好きになるほど愚かではない。

この戦時下、これ以上傷ついたら身が持たない。

君をここから一日も早く解放するためにも、君を好きになんかならない。

だいたい僕には既に妻がいる。

僕の父上の形見を肌身離さない、君を好きになんかならない。

どうぞ父上、その刀で末永く彼女をお守りください。

愚かな僕に代わって名前すら知らない彼女を、どうぞ――

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック