石田三成くんの日記:第46回 告白


石田三成戦国28年10月11日

朝鮮奉行として大谷吉継と渡海した私は今、首都ソウル・漢城(ハンソン)にいる。

今年四月まで漢城には朝鮮国王がいたが、日本軍が制圧する前に平壌に避難。民衆はそのあと、国王と朝廷が国を捨たと王宮に放火した。

私は今、焼失した王宮跡に立っている。王宮がどれほど壮麗だったかは、いくら鈍感な私でも察しは付く。

何故なら釜山から北上してここに至るまでの道――

目にした自然、人々の装束、建造物、耳にした音楽、口にした料理。隣国の文化がここまで発達していたとは夢にも思わなかった。だけどそんなこと思っちゃいけない。私は侍。日本より素晴らしい国はないんだ。

 

三成!こんな所にいたのか。

大谷が遠くから駆け寄って来た。

もうすぐ軍議が始まるぞ。

今年七月、明の援軍が平安道を襲撃。朝鮮奉行と軍師・黒田官兵衛は、今後予想される明の援軍来襲に対処するため、諸大名をここに召集した。

「大谷…」

何?

「私は朝鮮が好きだ。」

こんな焼け野原にしといて、私たちは朝鮮を好きになる資格もない。

「・・・・・・」

私は日本男子。決して人前で泣いてはいけない。なのに私の目から涙がこぼれた。

大谷吉継

大谷吉継

正直な気持ちを話してくれてありがとう。それは強い人にしかできないことだ。

行こう、みんなが待っている軍議へ。朝鮮を好きになった君にしかできないことがたくさんあるはずだ。

と大谷は懐から手ぬぐいを取り出した。

「血がついてるけど…」

あ、ごめん。さっきまでキムチ食べていて。

「汚いな…」

贅沢言わない!

大谷と私は噴き出して、それで私は涙をぬぐった。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック