後藤又兵衛くんの日記:第55回 俺が一番恐れているもの 


後藤又兵衛戦国26年3月20日

主君の吉兵衛(黒田長政)がそんなにイヤなら黒田家を離れて、別の家に仕官でもしたらどうか。

恐らく俺の過去の日記を読んでくれた君は、そう思うに違いない。

それはそうなんだけど、俺にはそれができなかった。

何故なら俺が一番恐れているもの。

それは失業なのだ。

菫(スミレ)

菫(スミレ)

カッコわるいだろう。サイテーだろ。黒田家を離れる勇気もなくて、吉兵衛への不満ばかりここに書きなぐっている。それが今の俺だ。

亡き官兵衛様に思いっ切り殴り飛ばされたいけど、それは無理な話。

まずは行動。とか言う人も結構いるけど、それも無理な話。

金縛りにあったように俺は全く身動きがとれなかった。

カッコわるいだろう。サイテーだろ。黒田家を離れる勇気もなくて、吉兵衛への不満ばかりここに書きなぐっている。それが今の俺だ。

だけど失業ってそんなに恐れることなのだろうか?

とも考えながら俺は、今日道端でたまたま見つけた菫(スミレ)の花を摘み取って、官兵衛様の墓にたむけた。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック