織田信長くんの日記:第44回 なめし!


織田信長戦国26年10月16日

わしは中央の権力を握る為、将軍家の血を引く足利義昭を織田の武力と財力で十五代室町将軍の座につかせた。

しかし義昭は、朝廷のお世話をサボるわ、諸国の大名に馬などねだるわ、将軍らしからぬ行動ばかりしていた。

将軍・義昭のスポンサーであるわしは、こやつを一喝する為、本日、京にある将軍御所に出向いた。

するとそこに何故か松永久秀と明智光秀の娘・玉がいた。

将軍御所の戦国ハロウィンの飾り付けを松永と玉ちゃんに手伝ってもらっているのよ。」と義昭はわしに説明した。

「将軍職の仕事をサボってハロウィンだと!?貴様は何を考えているのだッ!!」とわしは義昭に向かって刀を抜いた。すると義昭は強い語調で、

織田信長

織田信長

なめし!

と言った。

「?!」

なめし?!むろまちのおぢちゃん、なめしってなに!?」と玉は目をぱちくりさせた。

古典語で”無礼である。”という意味よ。

おだのおぢちゃん、なめし~!!

おい、なめし!かぼちゃのお化けを、ここの欄間に取り付けたいから、そこの釘取って。」と松永は梯子の上からわしに命令した。

なめしをわしの代名詞として使うな!!」

何故?」「なめしのおぢちゃんもハロウィンのかざりつけ、てつだってよお~!

なめしは天井からこれを吊るしてちょうだい。」と義昭からわしは魔女の人形とやらを渡された。

そして気づけば、わしは丸一日、こいつらと一緒に将軍御所のハロウィンの飾り付けをしていた。えーとわしは何しに来たんだっけ?!

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック