豊臣秀吉くんの日記:第52回 朝鮮通信使来日


豊臣秀吉天正一八年四月二〇日

宗義智二三歳と僧の景轍玄蘇(けいてつ-げんそ)五四歳が対馬に帰還。

則ち義智・玄蘇は我が国に、朝鮮通信使正使・黄允吉(ファン・ユンギル)五五歳、副使・金誠一(キム・ソンイル)五三歳、従事官・許筬(ホソン)四三歳らをもらたした。

通信使らが対馬の港で船から荷を下ろしていたところ、義智家老・柳川調信(しげのぶ)五二歳が

殿!

と義智に駆け寄ってきた。

ご無事で。

この通り。対馬は変わりないか。

わしの大命を果たした義智は、誇らしげだった。

ええ、まあ…。思いの外、通信使というのは大勢なのですね。

楽隊含めて二〇〇人。朝鮮の礼だそうで、私も聊(いささ)か驚いています。

と玄蘇が苦笑した。

困ります。

調信は頭をもたげた。

どうされた。

朝鮮通信正使・黄允吉

朝鮮通信正使・黄允吉

太閤秀吉公、東国の小田原征伐のため出陣、先月より京を空けておられるようで…。」

は?

いつ帰京されるのか。

検討もつきませぬ。来月かもしれませんし、半年先かもしれ…

半年先!?

義智は雷にでも打たれたかのように衝撃を受けた。その時、背後から

ウェンニリセヨ?(どうされましたか)」

と正使・黄允吉が尋ねた。義智は振り返って、

アハ、アハハハハ…

笑うしかなかった。

« »

ランダムデイズ