加藤清正くんの日記:第45回 ゆとりクール


加藤清正戦国30年3月21日

世界がうらやむ素晴らしき日本。それもこれも英邁な君主・秀吉公のお陰。我等はこのご恩に報いるべく秀吉公の願い・明制圧を助けてやるべきであろう。

それを何を勘違いしたのか、ソウルに在陣する朝鮮奉行・大谷吉継が鍋島直茂殿宛に文書で、清正に加担せぬよう忠告し、咸鏡道(ハムギョンド)撤退命令を下した。

朝鮮東北・咸鏡道の司令官はこの清正。言いたいことがあるなら、わしに直接言えばいい。

あなたに言っても仕方ないから、鍋島殿に言ったのでしょう。

相良長毎(ながつね)が深いため息をついた。こいつは、第二軍(咸鏡道担当)である加藤清正一万、鍋島直茂一万二千に加えて、八百の軍を率いる肥後人吉の一九歳の大名だ。

撤退なさいますか。

と鍋島殿が唇をかみしめた。

「その必要はあるまい。他の軍と違い、咸鏡道はいまだ静謐である。」

とわしは酒をあおった。

どこがだよ。咸鏡道要衝・吉州城は義兵将・鄭文孚(チョンムンブ)に包囲され、城内の日本軍は今も飢えと寒さに苦しんでいるというのに。嗚呼、おいしい…

と相良が優雅にスンドゥブを匙ですすった。

「流石ゆとり。言ってることとやっていることがおかしい…」

大谷吉継

ナイス、相良くん。

このくらいでないと、第二軍は務まらないでしょう?

キヨマサドノ、ミショシルオカワリ!

と捕らえた朝鮮王子・順和君(スンファグン)が椀を片手に叫んだ。

ガシャン!!

酔っぱらって食卓で眠ってしまった順和君の兄・臨海君(イムヘグン)の手にあたった皿が落ちた。

やはりもう、限界なのでは?

「なんのこれしき。いつものことだ。」

とわしは涙をこらえて、割れた皿の破片を拾い集めた。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ