上杉景勝くんの日記:第31回 戦国バレンタインⅡ


上杉景勝2月10日

今日は五大老定例会議があった。その後、近くの寺で五大老の家康殿、利家殿、輝元殿、秀家殿、わしとで恒例の夕食会があった。

今日、大坂城の女中から、戦国バレンタインを三つも、もらったのですが、どうしましょう。」と秀家殿が言った。皆、もう?!とぎょっとして秀家殿を見た。わしは自分の懐から、菓子折り四個、皆の前に出した。

秀家、家康、輝元、利家景勝殿は私より一個多い!」と秀家殿は絶句した。「景勝殿は、意外にモテるのじゃのう。」と利家殿が感心した。

何もしゃべらなし、笑いもしない、こんな無愛想な男のどこがいいわけ!?」と家康殿は怒りだした。「この展開、去年の戦国バレンタインと全く同じなような・・・」と輝元殿が首をかしげて、わしの菓子折りをじっと見た。

「あれ?この菓子折りのまんじゅうには、「愛」の焼印がありますよ?」「あ、なんだ、景勝殿!これは単なる、かねたん(直江兼続)からの差し入れか。

バレたーーーッ!

このまんじゅうは、かねたんが、「いつも殿が、五大老の皆様にお世話になっているお礼。」としてわしに持たせたものだった。

かねたんは、兜だけではなく、まんじゅうにまで「愛」をつけるのか。面白いのう」「かねたんの差し入れを、戦国バレンタインに見せかけるなんて、景勝殿、反則ですよ!

去年と同じ手は使えなかった。かねたんが、まんじゅうにまで「愛」をつけるからじゃよ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック