藤堂高虎くんの日記:第21回 希望をぶっ飛ばして


藤堂高虎戦国31年3月17日

太閤から伊予国を与えてやると言われている。

なんという光栄。流石藤堂高虎。おまえもこれで晴れて大名だ。

なんて素直に喜ぶほどバカじゃない。

かの地は水軍の国。即ちもう一ペン、水軍将として朝鮮水軍と戦ってこい、ということだ。

朝鮮水軍司令官・李舜臣と戦ってこい――と。

 

私の答えはとっくに決まっている。

だけど、素直に首を縦に振るほどバカじゃない。

太閤に取って、都合のいい人間になろうとしている。

再び隣国に行って、耳だの鼻だの斬ってくるのは人として許されるべきではないし、私だって善人として生きたい。

だけどもう一度、君に挑みたいという気持ちが日に日に増して、耐えられないくらい。

ここ高野山にいれば、誰も傷つけることもない。自分が傷つくこともない。ましては死ぬこともないんだ。

だけどもう一度、君に挑みたいという気持ちが日に日に増して、耐えられないくらい。

 

退屈したくないの。希望なんてぶっ飛ばすくらい。

きっと日本一バカな侍。正当化できない。

勝利したことのない人間に挑もうとしている。だけど勝利したことがないから君に魅かれていく。

こんな気持ち、他の日本人には言えやしない。

反転して国賊。正当化できない。

 

太閤秀吉と藤堂高虎

太閤秀吉と藤堂高虎

今、君は、同僚の嫉妬を買い、朝鮮朝廷によって牢に繋がれていると聴いている。

再び渡海したとしても、君と再び対戦できる保証がない。

私はただの盗賊として異国の地で死んでしまうかもしれないし、ただの人殺しとして日本に帰って来てしまうかもしれない。

それでも一縷(いちる)の望みにかけて――

 

秀長様、お許しください。

誰よりも朝鮮出兵に反対していた。

まだ間に合うだろうか。

京・伏見城にて太閤と対面した。

李舜臣にもう一度、出逢えるなら、希望なんてぶっ飛ばしてもいいくらい――

前後の日記

«

ランダムデイズ

関連トピック