李舜臣くんの日記:第7回 だからどうした閑山島海戦


李舜臣4月24日

脇坂安治率いる日本水軍が巨済島の見乃梁(キョンネリヤン)の狭所に停泊。

私が偵察船を見乃梁付近へ出すと、日本水軍は鉄砲を撃ちながら追跡を開始した。

敵はいつだって、私達よりも遥かに金も人も武器も充実している。

だからどうした。

利害の打算をした所でその計算、本当に合ってるの?

 

偵察船と見せかけたおとり船が、日本水軍を閑山島(ハンザンド)沖まで誘い出し時、島影に待機していた朝鮮水軍は鶴翼の陣を展開した。

「まだだ。まだまだ…」

私は発砲の準備を整えた部下たちを制止した。

日本軍はここで負けても日本に帰ればいいが、朝鮮軍はここで負けたら後がない。

だからどうした。

退路を作って、本領を発揮できるとでも?

 

「今だ、撃て!」

脇坂水軍を完全に囲い込んだ朝鮮水軍は一斉に、地字(ちじ)・玄字(げんじ)・勝字(しょうじ)等の大砲を放った。

何事だ!

大将船の脇坂が驚くのも束の間、朝鮮水軍は次々と日本船を撃破していった。

たばかったな、全羅左水使(チョルラサスサ)・李舜臣!

殿、直ちに退却命令を!

李舜臣

李舜臣

「くっそ!」

目に見える厳しい現実。

だからどうした。

それこそが、君が私が奇跡を起こす場所だろ?

朝鮮水軍は先を争って突進、退却してゆく日本船に向かって矢や砲弾を交互に発した。

「日本軍を逃がすな!」

私という一つの狂気。

きっと正気の沙汰ではいられないんだ――

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック