石田三成くんの日記:第31回 伊達政宗の陰謀


石田三成 5月11日

五奉行である、浅野長政殿、増田長盛殿、長束正家殿、前田玄以殿と私は今日、伊達政宗殿が統治する陸奥国に乗り込んだ。

ヒトの国さ、ズカズカ入って検地とは、感じわるいべ。」と政宗殿が抗議してきた。浅野殿と増田殿は、構わず田んぼの四隅に竹を立て、長束殿が縄を張り、前田殿が十字を使って測量した。

政宗殿に限らず、大名ないし領主のほとんどが、我々に虚偽の検地データを申告するからです。そこで我等五奉行、自らが現地に赴き、検地を行うことに相成りました。」と私は、政宗殿に説明した。

その時、政宗殿の家臣、カズン殿(伊達成実)がやって来た。そして、「こら梵天!おがさ(お母さん)にちゃんと謝りなさい!」と輝宗殿のモノマネを、我々にいきなり披露した。皆は大爆笑した。

あれ?石田殿は面白くなかったですか。はい、全く。

しかし大ウケした浅野リーダー、増田殿、長束殿、前田殿は、カズン殿にモノマネのアンコールをしては、検地も忘れて大笑いしていた。

作戦成功でがす~。」「政宗殿!もしかしてあなたは、カズン殿を使って我々の太閤検地の邪魔をしようとしてますね?!」「そそそそ、そんなことねがすよ!?」「・・・・・・・。

政宗殿には毎度、呆れてモノが言えない。しかしこんなことに屈する私ではない。この陸奥国の、どこまでも広がる美しい田園風景もキッチリ、検地させていただきます。覚悟あれ、政宗殿!

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック