小西行長くんの日記:第32回 買ったりしない醤油


小西行長戦国22年1月13日

今日は家臣の内藤如安(じょあん)を連れて私は、仕事に使う備品を買いに、宇土城下に出た。筆とすずり、戦国テプラを買った後、如安が「今日の小西家のちゃんこ当番は私なので、夕食の食材もついでに買いたいのですが。」と言った。

「いいよ。今日は何にすんの?」と私は尋ねた。「戦国スキヤキにします。小西家の醤油がきれていたので、醤油をまず買いたいのですが。」「馬鹿だなあ。如安。」「何がですか。

「醤油なんて買うもんじゃない。借りるもんだ!」

えええッ!」と如安が絶句していると、私達の背後から

「わしはいい加減、貸さんぞ。」

と声が聞こえた。振り返ると、隣り近所の加藤清正が立っていた。またおまえか。近所はいつ、いかなる時に自分の前に現れるかわかんないからな。困ったもんだ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック