松永久秀くんの日記:第39回 自分らしさの呪縛


松永久秀戦国21年9月7日

ちょっと聞いてくれよ。俺様は今朝、満員電車ならぬ満員籠(がこ)に乗ったわけ。満員籠つーのは、ひとつの籠に25人乗ることができる巨大な籠な。籠を持ち上げてくれる人間も25人だぜ。

乗車して、俺様が安土城だよりを読み始めてから15分後。満員籠の乗車人数が31人になり、俺様は呼吸ができなくなった。いくさより過酷じゃねえか。

それから20分後、とことん個人の尊厳が奪われた俺様は、自分らしさの呪縛から解き放たれる、心地よさみたいなのを感じていた。そんで根性でまた、安土城だよりを読み始めた時、

チカンです。

と若い女が、俺様の腕をつかんで叫んだ。「こんな所で女のケツ触る程、女に苦労している俺様ではないわ。このブス!」と俺様が言ったら、「ひどいッ!」と女は泣き叫んだ。

その瞬間、隣りにいた図体のデカイ男に、俺様は持ち上げられ、籠の窓から放り出された。マジかよ。俺様は立ち上がり、羽織のすそについた砂ぼこりをはらった。ここから5キロ。徒歩でわざわざ信長に会いに安土城に向かう俺様。自分で言うのも何だが、すげえ健気だな。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック