後藤又兵衛くんの日記:第31回 黒田長政の溜息


後藤又兵衛5月18日

今月は働きづめで、一日しか休んでない。ぶっ倒れる前に休まないと。俺は休暇届を書き、これを受理してもらう為、主君の吉兵衛(黒田長政)がいる部屋に行った。

今日で五人目。」と吉兵衛は嫌味を言って、俺の休暇届に印を押した。休暇をもらうのは労働者の当然の権利。吉兵衛の嫌味は毎度のことだ。スルーして部屋を出ようとした時、吉兵衛が「はあ~疲れた。」とため息をもらした。「何が疲れたのでしょうか。」と俺は聞いた。すると

職場の人間関係。

と吉兵衛は言った。

お前にだけは言われたくない・・・。

« »

ランダムデイズ