淀殿の日記:第5回 大野治長にゾの字


淀殿11月12日

今日は太閤殿下の正室、北政所(きたのまんどころ)に呼び出され、彼女の部屋に言った。

「おぬしは、サル(秀吉)の側室である。しかし、サルを一身に愛すわけでもなく、大野治長(はるなが)にうつつをぬかしていると聞く。今日は白黒ハッキリつけたい。おぬしは、ここ大坂城に勤務する大野治長にほの字なのか?」と北政所は言った。

ほの字ではない。ゾの字じゃ。

とわらわは答えた。「ゾの字とはなんじゃ。」と北政所が尋ねた。「ゾッコンという意味じゃ。今時、ほの字とか言っている人間が、まだいるとは思わなかった。」とわらは言った。「ゾの字とか言って、恋というよりかは、ホラーを感じてしまうのは私だけか?」と北政所は言った。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック